リハビリテーション科

リハビリテーション科
入院リハビリ:退院後の生活を考えながらリハビリ室の訓練だけでなく、食事やトイレ動作の確認を医師を中心に理学療法士、作業療法士、言語聴覚士や看護師、介護士と情報交換をしながらチームで取り組んでいます。自宅へ安心して戻れるよう家屋に手すり、段差の調整の検討や外泊訓練も積極的に取り入れています。動きが悪くベッド上の生活が長い方はリハビリ室にて動きが良くなるように体や手足の運動を行っていきます。また認知症や失語症などに対しても脳が活性化するようなリハビリを行っています。

外来リハビリ:首、腰、膝などの関節の痛み、しびれやパーキンソン病や脳梗塞、脳出血による後遺症である手足の麻痺のある方、そのほか様々な疾患による動きが悪い方に対して行っています。認知症の心配のある方に対しては、検査や進行を遅らせるための脳を活性化させるリハビリも行っています。

訪問リハビリ:自宅や施設へ退院の方を対象に訪問し、在宅での生活や屋外における活動で困っている方を対象に生活の質を高めるために行っています。

営業時間
9時~18時 月曜日~土曜日(日、祝日はお休みです。)